婚約指輪で彼女を泣かせる~とっておきの1つを~

指輪

男性からのプレンゼント

指にはめられた指輪

これから家庭に入り、子育てをしながら専業主婦になるなど女性にとっても夢のような話でしょう。婚約指輪も結婚を約束した相手に贈るものですから永遠の愛を使う意味でも購入は欠かせませ。

詳細を確認する

情報収集の基本

ダイヤの指輪

婚約指輪のランキングを調べること、それは情報収集の基本です。一世一代の大勝負だからこそ、失敗したくない気持ちがあるはずです。それを踏まえて、周りがどんな買い物をしているのかを知るための情報源が大切です。

詳細を確認する

一般的な傾向

結婚指輪

婚約指輪はランキングから学ぶことで、一般的な傾向を知ることができます。最終的にどのような方向性に着地するのかはカップル次第ですが、一般的な考え方がどうなのか、それを知っておくことはいずれにしても大切です。

詳細を確認する

高い買い物

カップルに選ばれている商品がこちら。婚約指輪を銀座で購入するなら、下見に最適なルートも紹介されているサイトを参考にしよう。

婚約指輪の相場は月収3か月分が目安。

リング

近年、結婚に関する費用にお金をあまりかけないのが流行になりつつあり、婚約指輪の相場も低下の傾向にあります。勿論、それも一つの価値観ですし、結婚適齢期世代に将来の資産運用に不安があることも影響があるのでしょう。 ただ、婚約指輪の相場に関しては、昔から「月収の3か月分程度」と言われてきたのは、様々な意味があったわけです。 まずは、相場が3か月分というのは、月収の多い少ないに関わらず、男性が収入の身の丈にあった貯蓄ができることの証です。女性は「月収の3か月分もかけないで」なんて言わないでください。男性のプライドがズタズタになります。 2つ目は、夫婦のプライドと愛情の証という意味です。女性がその婚約指輪は、結婚後、親類や友人の結婚式やパーティーなどに出席する際、できるだけ身に付けて出かけることは、特に旦那様のプライドと奥様への愛情の証となり、奥様の指輪を見た周りの人たちは、それを感じ取るわけです。 3つ目は、プロポーズと共に渡す婚約指輪は、男にとって生涯最大の勝負の場面、男性は、婚約指輪の相場の月収の3か月分をケチってはいけません。奥様への愛情をケチってはいけません。

変化している婚約指輪の相場について

現在の婚約指輪の相場はだいたい30万円となっています。これは給料の1ヶ月分くらいと感じる方もいると思います。昔は給料の3ヶ月分くらいが妥当な価格だと思われてきましたが、現在で給料の3ヶ月分の婚約指輪を買おうと思うと、平均して90万くらいになります。 なぜ今と昔で婚約指輪の相場が変わってきたかというと、やはり、平均月収が昔と比べて増えたということが、相場が変化した原因の一つだと考えられます。 しかし、月収が増えたのですが、現在は自分の収入や、もらう相手がどのくらいの価格のが欲しいのかで決める人が多いです。それにより、高すぎず、安すぎない、婚約指輪を選ぶ傾向が強いです。 相場は変化していますが、あまり無理せずに、自分の収入で手に入るものを選べばいいと思います。

↑ PAGE TOP